読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青山つばさ登山会 ブログ

京都・滋賀などで活動する初心者登山会です。今年山を始めたい方、大歓迎。

貸し切りの御池岳

f:id:mountainclub:20160626221748j:plain

f:id:mountainclub:20160626221756j:plain

f:id:mountainclub:20160626221411j:plain

f:id:mountainclub:20160626221422j:plain

f:id:mountainclub:20160626221436j:plain

f:id:mountainclub:20160626221441j:plain

f:id:mountainclub:20160626221445j:plain

f:id:mountainclub:20160626221449j:plain

f:id:mountainclub:20160626221453j:plain

f:id:mountainclub:20160626221501j:plain

f:id:mountainclub:20160626221512j:plain

f:id:mountainclub:20160626221518j:plain

f:id:mountainclub:20160626221523j:plain

f:id:mountainclub:20160626221614j:plain

f:id:mountainclub:20160626221617j:plain

f:id:mountainclub:20160626221620j:plain

6月例会は国道通行止めのため三重県まわりで鞍掛峠から遅いスタート。

雨予報のせいか駐車する車も人影もなく、快適な登山道を足取りもよく昼前には鈴北岳へ。

風が強いのでケモノミチルートで真の谷源流へ下るが苔むしたカレンフェルトは朝までの雨でしっとりと濡れて腰を下ろす場所がなく、御池岳山頂への道を少し登ったバイケイソウの花園で昼食を取りました。

午後は時折雨がぱらつきましたが大したことはなく、山頂からボタンブチ、奥の平と鹿たちが走り回る貸し切りの山上をひとまわりしてから、一面苔の真の谷へ下り至福のコーヒータイム。

気分よくコグルミ谷コースを下山しました。

池が点在するカルスト台地では幻想的な風景が次々と現れ、雨もまたよしということでいい山歩きができました。